症状が出てきたら早めの対策を練ろう|糖尿病の悪夢

インスリンの働き

女性

細胞や組織の衰え

すい臓ではインスリンというホルモンが分泌されているのですが、これは血中のブドウ糖を細胞に届けるという働きをしています。このインスリンがしっかりと働かなくなり、ブドウ糖がうまく細胞に届けられなくなる病気が、糖尿病です。ブドウ糖が届けられなければ、細胞はエネルギー不足によって衰えていきます。そのため糖尿病になると、疲労がたまりやすくなったり、体重が減少したりといった症状が出てきます。この状態を放置していると、細胞の衰えから組織全体が衰え、正常に機能しなくなっていきます。これにより、物が見えづらくなったり、手足を動かしにくくなったりといった症状も出てくるようになるのです。こういった症状を防ぐためにも、糖尿病の治療は早めに開始することが肝心とされています。

インスリンの補充

糖尿病の治療では、動物の体から抽出されたインスリンの注入がおこなわれます。インスリンを補充すれば、それによってブドウ糖が細胞に届けられるようになることから、疲労や体重減少などの症状が起こりにくくなるのです。これを続けることで、組織の衰えも防がれ、体では正常な機能が保たれます。また、昨今では動物性のインスリンだけでなく、植物性のインスリンも治療に使われるようになっています。これはイヌリンと呼ばれているのですが、菊芋や牛蒡などに多く含まれています。したがって、これらから作られたサプリメントを飲んだり、そのものを食べたりすることで、摂取できます。摂取により、やはり細胞はブドウ糖をしっかりと貰い受けることができるようになるのです。ただし、自己判断でサプリで治そうとせずに、病院で治療するようにしましょう。糖尿病にもタイプがあるので、症状に合わせて治療を行なうことが大切です。特に食事療法は、医者や栄養管理指導者の指示のもと適切に行なうことです。

脳内にできる腫瘍

看護師

脳腫瘍は頭の広範囲にできる腫瘍であり、悪性の場合は放置していると危険な状態になってしまいます。脳腫瘍は典型的な症状が出るようになり、それが生活に支障が出てしまう場合もあります。疑いのあるときは検査が行われ、治療では手術でできるだけ腫瘍を取り除いていく流れとなります。

More Detail

異常な血管からの出血

カウンセリング

脳動静脈奇形の人の多くが、異常な血管からの出血を防ぐために、クリッピング術やカテーテル治療を受けています。これらの治療により、異常な血管での血流は抑えられるのです。また、一度出血すると再出血を起こす可能性が高いため、それを防ぐためにも、これらの治療はおこなわれています。

More Detail

安心できるホームドクター

医者

内科は体調に異変を感じた時にとりあえず受診することができる科で、必要に応じて外科など他の科に紹介してもらえます。都筑区で内科を探すなら相性の良い医師がいるかどうかクチコミサイトなども参考にしながら見つけましょう。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加